ブラームス

三宅幸夫 著

貧民窟の一角に生まれたブラームスが、シューマンの熱烈な賛辞によって一躍有名となり、ドイツ音楽の巨匠としての名声を得るまでの64年の生涯。ワーグナー派との対立抗争、作品の生成過程、シューマン夫人クララをはじめとする多くの女性たちとの交渉など、さまざまな角度からブラームスの人間と芸術を描く。若杉弘、堀米ゆず子、K・ライスターら9人の音楽家のコラムを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋のソナタ
  • 港町ハンブルクにて
  • 若きヴィルトゥオーソ
  • 「自由に、しかし孤独に」
  • ドナウ河畔の旅人
  • 『ドイツ・レクィエム』
  • 孤独に、しかし自由に
  • オーストリアの夏
  • 『交響曲第4番ホ短調』
  • 「おお世よ、われ汝より去らざるをえず」
  • 『新しい道』
  • ブラームスのピアノ曲-内心の声(松浦豊明)
  • 私にとってのブラームス(白井光子)
  • モスクワの思い出(安田謙一郎)
  • ブラームス雑感(若杉弘)
  • 年齢と作品理解(K・ライスター)
  • ブラームスとヴィオラ(U・コッホ)
  • 私の個人的な場合(佐藤征一郎)
  • ブラームスの言葉は和音の中に(堀米ゆず子)
  • 西洋音楽の発展とは(石井真木)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラームス
著作者等 三宅 幸夫
書名ヨミ ブラームス
シリーズ名 カラー版作曲家の生涯
新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1986.12
ページ数 197, 9p
大きさ 15cm
ISBN 4101499012
NCID BN06070751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87013969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想