イギリスの証券市場 : ビッグ・バン以後

W.A.トーマス 著 ; 飯田隆 ほか訳

本書は、ビッグ・バン以降の3年間のイギリス証券市場の動きをさまざまな角度から分析し、的確な叙述によってわかりやすく解説している。ビッグ・バン以前の時期との比較も随所に盛り込まれており、この大改革のもつ意味が十分に理解できるようになっている。また、近年の特色たる国際取引やオプション取引の実情が詳述されている。ビッグ・バンの背景として国際的な証券取引の盛行が指摘されてきたが、本書は、とくに国際取引に関する章を設けて、米英間の取引状況を素材にこの種の取引に関する問題点を詳しく論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 証券市場の機能
  • 2章 ビッグ・バン-構造変化の到来
  • 3章 新しい市場-SEAQ
  • 4章 新しい市場の特質と規模
  • 5章 新しい市場への参加者
  • 6章 国債市場
  • 7章 流通型オプション
  • 8章 発行市場
  • 9章 株式所有
  • 10章 規制と保護
  • 11章 グローバリゼーション
  • 12章 ビッグ・バンの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリスの証券市場 : ビッグ・バン以後
著作者等 Thomas, William Arthur
小林 襄治
稲富 信博
飯田 隆
トーマス W.A.
書名ヨミ イギリス ノ ショウケン シジョウ
書名別名 The securities market

Igirisu no shoken shijo
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1991.3
ページ数 284, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4492710744
NCID BN06055463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想