乳幼児の人格形成と母子関係

三宅和夫 編著

[目次]

  • 本研究実施の経緯
  • Strange Situationを用いた受着関係に関する従来の研究
  • 本研究にかかわるこれまでの報告の要点
  • 「泣き」や「ぐずり」と乳児の発達
  • 新奇な場面における子どもの行動傾向
  • 母子相互作用過程と発達
  • 母子関係・子どもの行動特徴と自己制御行動の発達
  • 23ヵ月時における母親に対する服従・協力行動
  • 乳児期から就学前時にかけての社会・情緒的行動の連続性
  • Strange Situationでの行動と情動表出
  • ストレス事態における子どもの行動の発達的変化
  • 討論 この研究をふりかえって
  • 付録資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳幼児の人格形成と母子関係
著作者等 三宅 和夫
書名ヨミ ニュウヨウジ ノ ジンカク ケイセイ ト ボシ カンケイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1991.3
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 4130161008
NCID BN06047272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想