マルクス法学入門

H.クライヤー 編 ; 黒木三郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 序言
  • 第一章 マルクス・レーニン主義による国家と法の理論の対象と方法 / p3
  • 1 国家と法の理論の対象 / p3
  • 一 社会現象としての国家と法の客観的法則性 / p3
  • 二 社会現象としての国家と法の本質 / p9
  • 三 国家と法の理論の政治的意義 / p11
  • 2 国家と法の理論の方法 / p15
  • 一 弁証法的唯物論-唯一者科学的研究方法 / p15
  • 二 ブルジョア的方法-非科学的研究方法 / p24
  • 3 マルクス・エンゲルスによる「国家と法の理論」の創造 -国家と法の科学における革命- / p27
  • 第二章 国家と法の発生、国家の本質 / p32
  • 1 国家と法の発生 / p32
  • 一 原始共同体における社会関係の特質、社会的権力および社会諸規範の役割 / p34
  • 二 原始共同社会における人間の行為規則 / p38
  • 三 原始共同体の崩壊と国家と法の発生 / p40
  • 四 国家の発生に関する若干の非科学的学説 / p49
  • 2 国家の本質 / p53
  • 一 国家の一般的本質は何か / p53
  • 二 国家はこのような機構においていかなる地位をもつか、支配階級のその他の諸制度から国家を区別する標識は何か / p56
  • 三 国家主権の問題について / p59
  • 四 国家の機能 / p61
  • 五 社会の軽済構造、政治的観念および国家 / p64
  • 六 国家の類型と国家の形態 / p67
  • 第三章 法の本質に関するマルクス・レーニン主義 / p70
  • 1 法の階級的性格 / p71
  • 一 法は支配階級の意思の表現である / p71
  • 二 搾取社会の法と社会主義法との相違 / p72
  • 2 経済と法 / p76
  • 一 上部構造としての法と物質的基礎としての経済 / p76
  • 二 法は支配階級の物質的利益を表現する / p77
  • 三 法の能動的役割 / p79
  • 四 法と経済ならびにイデオロギー間の相互作用 / p81
  • 3 国家と政治に対する法の関係 / p82
  • 一 国家の法創造 / p83
  • 二 国家による法の保障 / p86
  • 三 国家と法の諸機能 / p91
  • 四 法は社会諸関係の規制者である / p93
  • 4 社会関係の規制者としての法 / p96
  • 5 法と道徳 / p99
  • 6 マルクス・レーニン主義による法の定義 / p104
  • 第四章 ブルジョア国家とブルジョア法 / p111
  • 1 独占段階以前の資本主義におけるブルジョア国家の役割 / p111
  • 一 ブルジョア国家の成立、封建主義に対する歴史的進歩 / p111
  • 二 ブルジョア国家の機能 / p115
  • 三 ブルジョア国家の諸形態 / p119
  • 四 ブルジョア民主主義の特徴 / p124
  • 五 資本主義の自由競争時代におけるブルジョア法 / p134
  • 2 帝国主義時代におけるブルジョア国家と法の特殊反動的役割 / p141
  • 一 資本主義の一般的危機と経済法則 / p142
  • 二 独占段階における階級関係の変化 / p145
  • 三 帝国主義における国家機構の役割 / p148
  • 四 ブルジョア国家体制のファシズム化 / p152
  • 五 ブルジョア民主主義の崩壊 / p154
  • 3 人民の民主的権利の自由の維持と拡大のための、民族的独立と主権のための、共産党に指導される労働者階級の闘争 / p161
  • 一 この闘いの意義 / p161
  • 二 民主主義的権利と自由の維持・拡大のための、民族的独立と主権のための、共産主義政党および民主主義政党の闘争形態 / p164
  • 原著註・参考文献 / p170
  • 訳者解説 / p177
  • 参考図表 / p217
  • あとがき / p225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス法学入門
著作者等 Kleyer, Hermann
黒木 三郎
H.クライヤー
書名ヨミ マルクス ホウガク ニュウモン
シリーズ名 入門シリーズ
出版元 法律文化社
刊行年月 1962
版表示 改訂版第4刷
ページ数 230p
大きさ 19cm
NCID BA33981545
BB23876825
BN04905137
BN06032672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62006170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想