表面科学からみた触媒分子設計

宮崎栄三 著

[目次]

  • 第1章 触媒の効果
  • 第2章 金属触媒の吸着機能とそのトレンド-金属種の違いによる触媒設計
  • 第3章 光触媒による水の分解反応-正孔と電子の電荷分離
  • 第4章 表面の乱れと触媒機能-格子欠陥の制御による触媒設計
  • 第5章 アルカリ金属の効果-不純物導入による触媒設計
  • 第6章 層状構造をもった化合物の触媒機能-配列制御による触媒設計
  • 第7章 固定化金属クラスター触媒-クラスターの構造制御による触媒設計
  • 第8章 金属酸化物触媒-イオン化合物の価数制御による触媒設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表面科学からみた触媒分子設計
著作者等 宮崎 栄三
書名ヨミ ヒョウメン カガク カラ ミタ ショクバイ ブンシ セッケイ
書名別名 Hyomen kagaku kara mita shokubai bunshi sekkei
シリーズ名 表面・薄膜分子設計シリーズ 13
出版元 共立
刊行年月 1991.2
ページ数 91p
大きさ 19cm
ISBN 4320085132
NCID BN06028267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想