陸上競技チャンピオンへの道

パーシー・セルッティ 著 ; 加藤橘夫, 小田海平 共訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者のことば / p1
  • 著者まえがき / p5
  • 序章 ポートシーの生活 / p1
  • 第1章 生まれつきの素質--世界的選手に必要な資質と能力について / p13
  • 第2章 筋力と技術を身につける原理と方法を理解することの必要性について / p33
  • 第3章 自然そのままの技術の重要性について--ことに選手の姿勢,動作,身体発達と関連して / p39
  • 第4章 人工的に組み立てた方法はかえって人間の可能性を破壊する / p53
  • 第5章 「力はわれわれ自身の中にある」こと / p63
  • 第6章 リラクゼーションについて / p69
  • 第7章 陸上競技における成功は幾つかの変化する要素が混成した結果である / p79
  • 第8章 コーチャーとしての私の信念 / p87
  • 第9章 「陸上競技の価値はどこにあるか」「なぜチャンピオンになりたいのか」 / p94
  • 第10章 食事について / p99
  • 第11章 陸上競技選手,特にトラック競技者のためのウエイト・コンディショニングについての私の見解 / p109
  • 第12章 コンディショニングとトレーニングについて(その概説) / p117
  • 第13章 身体の基本動作 / p126
  • 第14章 「どうすればチャンピオンになれるか」「その栄光への道は?」「どのような方針,どんな考え方,どんなおきて,どんな練習スケジュールに従っていけばよいか」--成功への条件 / p131
  • 第15章 自分の体重を負荷として利用する運動とバーベルやダンベルの重量を負荷として利用する運動について / p135
  • 第16章 オフ・シーズンのトレーニング。基礎的コンディショニングの原則。特に短距離選手のためのものについて / p142
  • 第17章 体操その他の運動は欠かすことのできないものである / p146
  • 第18章 もてる力の正しく効果的な利用のしかたと,自分の身体各部位の構造と機能を理解して身体を自由自在に動かす能力を身につけることの重要性と,効果的な姿勢とランニング動作について / p149
  • 〔付録1〕
  • A, ハーブ・エリオットの競技歴 / p153
  • B, ハーブ・エリオットの競技歴,特に幾つかの主なレースにおける活躍の模様とその概評 / p157
  • 〔付録2〕 各種目のためのコンディショニングとトレーニング / p167
  • 〔付録3〕 新記録樹立に関する解説 / p189

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 陸上競技チャンピオンへの道
著作者等 Cerutty, Percy Wells
加藤 橘夫
小田 海平
パーシー・セルッティ
書名ヨミ リクジョウ キョウギ チャンピオン エノ ミチ
シリーズ名 スポーツ・ライブラリー ; 22
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 1963
ページ数 192p 図版
大きさ 19cm
NCID BN06023693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63010186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想