日本コンツエルン全書  第11

三宅晴輝著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 新興コンツェルンの槪貌 / 1
  • 新興コンツェルンの姿態 / 2
  • 「新興」の魅力 / 2
  • 未だよく知られぬ新興コンツェルン / 3
  • 新興コンツェルン出現の必然性 / 4
  • 新興は創意に基礎を置く / 5
  • 仕事に資本は集る / 8
  • 「新興」と組織 / 9
  • 新興コンツェルンを率ゐるもの / 11
  • まへがき / 12
  • 日窒コンツェルンを率ゐる野口遵論 / 13
  • 森コンツェルンのキャプテン森臺昶論 / 32
  • 若き日曹コンツェルンの中野友禮論 / 50
  • 理研コンツェルンの創始者大河內正敏論 / 55
  • 日窒コンツェルン / 73
  • 第一章 日窒コンツェルンの規模と事業 / 74
  • 一 日窒コンツェルンの規模 / 74
  • 二 日窒コンツェルンの事業分野 / 78
  • 第二章 日窒コンツェルンの存在理由 / 82
  • 一 巨大なる電力設備 / 82
  • 二 日窒コンツェルンの硫安工業 / 88
  • 三 國防產業としての化學工業 / 93
  • 第三章 朝鮮經濟と日窒コンツェルン / 98
  • 一 朝鮮經營の突擊隊 / 98
  • 二 日窒コンツェルンの城砦、朝鮮 / 101
  • 三 朝鮮に於ける日窒コンツェルンの役割 / 105
  • 第四章 日窒コンツェルン成立史 / 108
  • 一 日窒コンツェルン前史 / 108
  • 二 明治三十九年、曾木電氣の創立 / 108
  • 三 カーバイド事業の開始 / 110
  • 四 フランク・カロー式石灰窒素製造 / 111
  • 五 硫安事業の先驅者 / 113
  • 六 歐洲戰爭と日窒 / 115
  • 七 內地に於ける事業の完成 / 116
  • 八 朝鮮への進出 / 118
  • 九 新事業への發足 / 120
  • 一〇 『コンツェルン』日窪の成立 / 122
  • 第五章 日窒コンツェルンと三菱 / 122
  • 一 『獨立不羈』の日本窒素 / 123
  • 二 三菱との因緣の始り / 125
  • 三 三菱と氣まづくなる / 127
  • 第六章 日窒コンツェルンの三Cと將來 / 131
  • 一 牛耳る人々 / 131
  • 二 借金コンツェルン / 139
  • 三 大成への道 / 143
  • 森コンツェルン / 151
  • 第一章 森コンツェルンの歷史を貫くもの / 152
  • 一 太初に森臺昶ありき / 152
  • 二 歐洲戰後の破綻 / 154
  • 三 森のカムバツク / 157
  • 四 東信電氣の再興 / 159
  • 五 日本沃度、續いて昭和肥料の創立 / 161
  • 六 森『コンツェルン』成立す / 163
  • 第二章 森コンツェルンの事業と特質 / 164
  • 一 資本力は弱い / 164
  • 二 安田、三菱への資本的依存 / 169
  • 三 人的支配網 / 171
  • 四 典型的電氣化學コンツェルン / 174
  • 五 電氣の原料化 / 189
  • 六 軍需工業的重要性 / 190
  • 第三章 森コンツェルンの中樞日本電工 / 191
  • 一 其の製品 / 191
  • 二 製品の特殊な重要性 / 195
  • 三 電工の收益的基礎 / 199
  • 四 電工のアルミ及び輕金屬事業 / 207
  • 五 アルミ事業の躍進石原產業の提携 / 209
  • 第四章 昭和肥料の歷史的役割 / 216
  • 一 餘剩電力の消化 / 216
  • 二 硫安事業發展史上の昭和肥料 / 218
  • 三 國產特許による成功 / 220
  • 日曹コンツェルン / 225
  • まへがき--鹽から生れたコンツェルン / 226
  • 一 未完成コンツェルン / 226
  • 二 鹽解かざれば値無し / 227
  • 三 鹽解き男中野友禮 / 229
  • 四 解いて生れたコンツェルン / 233
  • 第一章 中野式電解法の獨立まで / 233
  • 一 ルブランとソルベー / 233
  • 二 日本曹達の革命兒 / 237
  • 三 掘り出された靑年技師 / 239
  • 四 掘り出された起上り小法師 / 241
  • 第二章 日本曹達の創立と膨脹の跡 / 243
  • 一 日曹發展の五段階 / 243
  • 二 先づ本丸を築く / 247
  • 三 戰後の不況に二の丸を / 250
  • 四 出域も殖えた昭和四年 / 253
  • 第三章 金再禁止後に拓く化學王國 / 255
  • 一 一割二分配當据置の肚 / 255
  • 二 金融資本を征服する / 256
  • 三 膨脹資本八千萬圓 / 260
  • 四 本城二本木の吐く煙 / 265
  • 五 出城の筆頭會津工場 / 266
  • 六 外廓を成す黑井・高岡・富山・岩瀨 / 267
  • 第四章 整備されるコンツェルン體制 / 271
  • 一 伸びた日曹の觸手 / 271
  • 二 四大支柱の建設 / 274
  • 三 主要傍系十三社 / 284
  • 四 かくて觀るコンツェルンの全貌 / 295
  • むすび--地の鹽となるコンツェルン / 297
  • 一 化學王中野の描く夢 / 297
  • 二 育てねばならぬ技術と人 / 298
  • 理研コンツェルン / 301
  • 第一章 理研コンツェルンといふもの / 302
  • 第二章 理化學研究所の沿革と經營 / 305
  • 一 理研の沿革、組織、事業 / 306
  • 二 理研の資產と收支狀態 / 318
  • 第三章 理研コンツェルンの結成と各社 / 325
  • 一 コンツェルン誕生の經緯 / 326
  • 二 理研コンツェルンの事業と會社 / 335
  • 三 理研コンツェルンの前途 / 362

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本コンツエルン全書
著作者等 三宅 晴輝
書名ヨミ ニホン コンツエルン ゼンショ
書名別名 新興コンツェルン読本 : 日窒・森・日曹・理研
巻冊次 第11
出版元 春秋社
刊行年月 昭12
ページ数 364p
大きさ 23cm
NCID BN06020301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想