女二代の記 : わたしの半自叙伝

山川菊栄 著

[目次]

  • 目次
  • ははのころ(明治前半)
  • 水戶から東京へ / p2
  • 荒れ野原の東京 / p5
  • 新知識を求めて / p10
  • 兄と妹 / p16
  • 中村正直博士と同人社女学校 / p22
  • 小倉ばかまの女学生 / p32
  • 大內山の裏ばなし / p47
  • 西南戦争のころ / p53
  • 足軽の次男坊から新與産業の技師へ / p58
  • 明治十年代の千葉 / p64
  • 政治のうずまき / p68
  • 鹿鳴館時代の女奴隷 / p73
  • 少女のころ(明治後半)
  • お月さまいくつ / p82
  • 桜ふぶきの庭 / p88
  • 「菜一らっきょ」の年 / p96
  • テニスと古典 / p106
  • 高利貸、常陸丸 / p113
  • 一家をささえた十七の少女 / p118
  • 德永さんと双葉保育園 / p121
  • 潮のひきあと / p124
  • 波にゆられて / p131
  • 童女の国 / p136
  • 「労働神聖」 / p143
  • 疲れた老人 / p146
  • 大正にはいってから
  • 青鞜と真新婦人会 / p156
  • 焼打ちと米ツキバッタ / p163
  • サラエヴォの銃声 / p167
  • 大杉さんと野枝さん / p169
  • 「不穩分子」 / p174
  • 公、私娼の問題 / p181
  • 病を養う / p187
  • 家事労働の選手団 / p195
  • 米騒動のバイキン / p202
  • 倉敷の家 / p209
  • 大戦直後の世相 / p219
  • ギャベルのひびき / p229
  • 社会主義を求める婦人 / p234
  • 水曜会のころ / p239
  • 大衆へ / p245
  • 水平運動の芽ばえ / p250
  • はだかの王さま / p253
  • 玄関番をして / p257
  • つぼみがおちた / p261
  • 夕張小僧 / p264
  • 天災人災 / p270
  • 垂水の浜で / p280
  • 極左指導者と「婦人の要求」 / p286
  • 昭和にはいってから
  • 思い出の元旦 / p294
  • 錦のみ旗と逆賊 / p299
  • うずら園 / p309
  • 狸御殿の夢 / p314
  • 敗戦前後 / p320
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 女二代の記 : わたしの半自叙伝
著作者等 山川 菊栄
書名ヨミ オンナ 2ダイ ノ キ : ワタシ ノ ハン ジジョデン
書名別名 Onna 2dai no ki
出版元 日本評論新社
刊行年月 1956
ページ数 326p
大きさ 19cm
NCID BN06018467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56008247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想