本邦銀行史論

加藤俊彦 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 資本主義成立期の銀行 / p1
  • 第一節 明治維新政府の成立とその銀行政策 / p1
  • 一 明治維新政府の成立 / p1
  • 二 明治政府の銀行政策 / p7
  • 第二節 国立銀行の成立とその発展 / p17
  • 一 為替会社 / p17
  • 二 国立銀行の発足 / p23
  • 三 国立銀行条例の改正と国立銀行の発展 / p28
  • 第三節 普通銀行の成立と貯蓄銀行の発生 / p36
  • 一 普通銀行の成立 / p36
  • 二 貯蓄銀行の発生 / p46
  • 第四節 日本銀行の設立 / p48
  • 一 インフレーションと紙幣整理 / p49
  • 二 日本銀行の設立 / p58
  • 第五節 特殊銀行の成立 / p68
  • 一 横浜正金銀行の成立 / p68
  • 二 特殊銀行の構想 / p78
  • 第二章 産業資本確立期・独占資本形成期の銀行 / p85
  • 第一節 概観 / p85
  • 一 産業資本の確立 / p85
  • 二 独占資本の形成 / p98
  • 三 銀行業の発展 / p113
  • 第二節 国立銀行の転形と普通銀行の発展 / p115
  • 一 国立銀行の転形 / p116
  • 二 銀行条例の制定 / p123
  • 三 普通銀行の発展とその性格 / p130
  • 四 銀行集中の開始 / p147
  • 五 貯蓄銀行の発展 / p154
  • 第三節 日本銀行の発展-後進国の中央銀行としての特質- / p159
  • 第四節 特殊金融機関の成立と発展 / p169
  • 一 特殊金融機関の構想の変化 / p169
  • 二 日本勧業銀行の成立と発展 / p175
  • 三 農工銀行の成立と発展-附 北海道拓殖銀行 / p186
  • 四 日本興業銀行の成立と発展 / p193
  • 第五節 植民地銀行の成立と発展 / p205
  • 一 第一国立銀行の韓国進出と朝鮮銀行の成立 / p206
  • 二 台湾銀行の設立と発展 / p215
  • 三 横浜正金銀行の対外活動 / p225
  • 第三章 帝国主義段階の銀行 / p231
  • 第一節 概観 / p231
  • 一 第一次大戦による資本主義の飛躍的発展と反動恐慌 / p231
  • 二 慢性的不況と救済インフレーション / p244
  • 三 一九二七年の金融恐慌と独占資本の支配の確立 / p253
  • 四 金解禁と再禁止 / p262
  • 五 銀行業の状況 / p272
  • 第二節 普通銀行の発展と集中 / p274
  • 一 銀行資力の増大 / p274
  • 二 慢性的不況と中小機関銀行 / p284
  • 三 銀行合同政策の強化と銀行合同の進行 / p291
  • 四 銀行法の制定および金融恐慌にもとづく大銀行の制覇 / p302
  • 五 貯蓄銀行の集中 / p314
  • 第三節 救済機関化した日本銀行 / p318
  • 一 恐慌と日本銀行の救済活動 / p318
  • 二 横浜正金銀行の諸活動 / p334
  • 第四節 特殊金融機関の活動-救済活動を中心として- / p338
  • 一 勧農合併の進行 / p338
  • 二 日本勧業銀行の救済活動 / p347
  • 三 日本興業銀行の諸活動 / p353
  • 第五節 植民地金融機関の破綻と再建 / p361
  • 一 台湾銀行の破綻と再建 / p362
  • 二 朝鮮銀行の整理と再建 / p370
  • 表索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 本邦銀行史論
著作者等 加藤 俊彦
東京大学社会科学研究所
書名ヨミ ホンポウ ギンコウ シロン
シリーズ名 東京大学社会科学研究所研究叢書 ; 第9冊
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1957
ページ数 377p 表
大きさ 22cm
ISBN 4130400096
NCID BN05479737
BN06014761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57003108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想