日本の物価変動

水野正一 著

[目次]

  • 目次
  • 編者のことば 塩野谷九十九 / p1
  • はしがき / p3
  • 第1章 物価の長期変動 / p1
  • (1) 日本における物価の長期変動(1900~60年) / p1
  • (2) 第1期-1900年代初期の物価上昇期(明治34(1)~大正8(4)) / p2
  • (3) 第2期-不況時代(大正8(4)~昭和6(3)) / p6
  • (4) 第3期-準戦時および戦争時代(昭和6(3)~昭和19(4)) / p9
  • (5) 第4期-戦後の超インフレーション時代(昭和19(4)~昭和23(4)) / p15
  • (6) 第5期-インフレ収束と朝鮮動乱時代(昭和23(4)~昭和26(3)) / p24
  • (7) 第6期-物価安定期(昭和26(3)~昭和35(4)) / p30
  • (8) 物価・生産および賃金の長期変動 / p32
  • 第2章 戦後物価構造の変動 / p37
  • (1)本章の展望 / p37
  • (2)各種総合物価指数の変化 / p38
  • (3)卸し売り物価構造の変動 / p43
  • (4)小売り物価構造の変動 / p61
  • (5)消費者物価構造の変動 / p67
  • (6)その他物価指数の変動 / p74
  • (7)物価構造の離散的変動と平準化傾向 / p83
  • (8)第2章の要約 / p89
  • 第3章 物価水準の理論 / p93
  • (1)序論 / p93
  • (2)マクロ的物価理論(その1)-貨幣数量説 / p95
  • (3)マクロ的物価理論(その2)-所得分析 / p99
  • (4)単純モデルと現実との距離 / p109
  • (5)ミクロ的物価理論 / p119
  • (6)物価決定のミクロ的モデル / p122
  • (7)本章における物価理論の意義 / p135
  • 第4章 経済成長モデルと物価水準 / p137
  • (1)序 / p137
  • (2)経済成長過程における投資と物価水準 / p137
  • (3)経済成長モデルと物価水準-その1 / p140
  • (4)経済成長モデルと物価水準-その2 / p146
  • (5)経済成長モデルと物価水準-その3 / p149
  • (6)モデルと現実 / p154
  • (7)経済成長と物価水準に関する覚え書き / p158
  • 第5章 物価の循環変動 / p165
  • (1)本章の内容 / p165
  • (2)卸り売り物価の変動 / p166
  • (3)物価変動の2局面 / p173
  • (4)物価変動と需給関係 / p174
  • (5)物価とコスト / p181
  • (6)物価変動と賃金コスト / p182
  • (7)賃金コストと生産性 / p185
  • (8)物価の費用構成 / p193
  • (9)源材料コストと単位利潤の動き / p198
  • (10)物価とコストの関係に関する結論的覚え書き / p205
  • (11)物価変動の回帰分析 / p207
  • 第5章の補論 生産性の分析 / p213
  • (1)生産性の短期的変動 / p213
  • (2)生産性の回帰分析 / p214
  • 第6章 戦後の経済成長と物価変動 / p219
  • (1)若干の基本的事実 / p219
  • (2)成長経済における物価変動 / p223
  • (3)卸し売り物価の安定性とその物価構造の変化 / p226
  • (4)卸し売り物価と消費者物価のかい離,とくに消費者物価の上昇傾向 / p233
  • (5)日本の経済成長と物価変動に関する若干の補足的私見 / p240
  • 索引 / p243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の物価変動
著作者等 水野 正一
書名ヨミ ニホン ノ ブッカ ヘンドウ
シリーズ名 金融問題研究会モノグラフ ; 3
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1962
ページ数 246p
大きさ 22cm
NCID BN05993446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62007746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想