イマヌエル・カント

オットフリート・ヘッフェ [著] ; 藪木栄夫 訳

生涯と哲学の発展と影響を、その原像を見失うことなく説き明かし、とりわけ『純粋理性批判』における理論的認識の簡明な解釈をはじめ、道徳と法の哲学、歴史と宗教の哲学など人間についての基本的な諸問題を入門的に解読しつつカント哲学の全体像の理解に導く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生涯と哲学の発展(先批判期
  • 批判的超越論哲学)
  • 2 何を私は知りうるか。-純粋理性批判(超越論的理性批判のプログラム
  • 超越論的感性論
  • 概念の分析論
  • 原則の分析論
  • 超越論的弁証論)
  • 3 何を私は為すべきか。-道徳哲学と法哲学(実践理性批判
  • 法と国家の哲学)
  • 4 何を私は希望してよいか。-歴史哲学と宗教哲学(法の進歩としての歴史
  • 実践理性の宗教)
  • 5 哲学的美学と有機体の哲学(判断力批判)
  • 6 カントの影響(受容、展開そしてカント批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イマヌエル・カント
著作者等 Höffe, Otfried
薮木 栄夫
藪木 栄夫
ヘッフェ オットフリート
書名ヨミ イマヌエル カント
書名別名 Immanuel Kant
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 327
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.2
ページ数 334, 30p
大きさ 20cm
ISBN 4588003275
NCID BN05992760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想