人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  34 (ふるさとの人と知恵・広島)

加藤秀俊 ほか編纂

温暖で美しい瀬戸内の自然。波静かな水面に人と天を見て建つ安芸・宮島の大鳥居。夕なぎの入江にカキ養殖が栄え、段々畑にミカンの花が香る。浅野氏の藩政と教育、のびやかな気風が輩出した先達の知恵を江戸時代の郷土に求めて。公に私に聞き書き歩いて編んだ、広島圏の人づくり読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の広島その地域振興の足どり(広島藩・福山藩成立までの激動
  • 地場産業のかずかずを築いた創意と努力 ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(福山城下の町づくり
  • 塩田騒動
  • 阿部正弘-幕政・藩政両改革に命を燃やす
  • 広島藩と明治維新 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(備後表
  • 広島湾の牡蛎養殖
  • 宮島細工
  • 倉橋島の造船業 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(安芸門徒とその指導者
  • 広島藩の藩校教育-講学所から修道館へ
  • 香川南浜-藩の学問所をしのいだ塾「修業堂」
  • 頼家の学問-春水・春風・杏坪三兄弟の業績
  • 菅茶山と廉塾
  • 矢口来応-広島に心学の隆盛をもたらす
  • 福山藩講誠之館 ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(花田植え
  • 備後の神楽と安芸の神楽
  • 吉備津神社のほら吹きまつり ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(村上休広
  • 多賀庵風律
  • 吉益東洞
  • 星野良悦
  • 頼山陽
  • 野坂完山
  • 江木鰐水
  • 葛原勾当
  • 富田久三郎)
  • 資料編 広島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 会田 雄次
佐々木 俊介
加藤 秀俊
大石 慎三郎
牧野 昇
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・広島
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 34 (ふるさとの人と知恵・広島)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1991.3
ページ数 373p
大きさ 27cm
ISBN 4540900153
NCID BN05991178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想