群像日本の作家  20

大岡信 [ほか]編

43歳、『猟銃』でデビュー、『氷壁』をはじめ詩情あふれるロマンの香り高い秀作で文壇の寵児となる。『天平の甍』『本覚坊遺文』など本格歴史小説に道を拓き、最晩年の傑作『孔子』にいたる井上靖の全容を照らす初のアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 井上靖アルバム
  • 大世界に開かれた詩人
  • 作家論(現実への不信と帰属
  • 『氷壁』の人-井上靖の人と作品
  • 井上靖と美の世界 ほか)
  • ひと(雑感のような
  • ソ連旅行の思い出
  • 新聞記者時代の井上さん ほか)
  • 現代小説について(『黯い潮』『射程』
  • 『あすなろ物語』 ほか)
  • 座談会 井上靖の魅力
  • 歴史小説について(『淀どの日記』
  • 『敦煌』
  • 合一と孤独の二重体験-『孔子』 ほか)
  • 名短評(新しき意匠家井上靖
  • 淡々と描く"生のはかなさ" ほか)
  • 井上靖文学紀行-湯ヶ島・三島・沼津・金沢
  • ひと(一つの想い出
  • 中国旅行 ほか)
  • 詩について(井上靖における詩人 ほか)
  • わが文学の軌跡-歴史小説
  • 井上靖の作品
  • 代表作30編ガイド
  • 収録論文解説
  • 井上靖年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 三好 行雄
大岡 信
高橋 英夫
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 井上靖

Gunzo nihon no sakka
巻冊次 20
出版元 小学館
刊行年月 1991.3
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 4095670207
NCID BN05988628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
井上靖 高橋 英夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想