ゼロの記号論 : 無が意味するもの

ブライアン・ロトマン 著 ; 西野嘉章 訳

<ゼロ>そして無・空という観念は、人間の思考を限りないまでに誘発する。計算上の数学的ゼロ、観念の極限としてのゼロ、遠近法の消失点としてのゼロ、そしてこのゼロが生成するさまざまなテクスト。文学・絵画テクストからペーパー・マネーまで、人間の思考と実践と表象の本質をゼロの記号論的特徴から洗い直す新しい試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0章 幕開け
  • 1章 数、映像、貨幣(ゼロ
  • 消点
  • 信用貨幣)
  • 2章 メタ主体の出現(記号に対するモノの先行性
  • ゼロの閉域-代数的変数
  • 消点の閉域-小点
  • 信用貨幣の閉域-有価証券
  • メタ記号を記号へ帰化させる)
  • 3章 無-ゼロ(「0」の図像学
  • ギリシャ=キリスト教的な無
  • ヘブライ的な無
  • リア王と「無」)
  • 4章 始源の不在(ゼノマネー
  • 「テキスト」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼロの記号論 : 無が意味するもの
著作者等 Rotman, B.
Rotman, Brian
西野 嘉章
ロトマン ブライアン
書名ヨミ ゼロ ノ キゴウロン
書名別名 Signifying nothing
シリーズ名 Selection 21
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.2
ページ数 205, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4000040626
NCID BN05982610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想