日本美術全集  第15巻

大河直躬 ほか編

中空高く伸びる巨木や生い繁る草花で、時代精神を表現した「大画」。さらに風俗画・初期洋風画や、蒔絵・能衣裳のデザインを通して、生命感溢れる桃山芸術をここに再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桃山障屏画論
  • 桃山の意匠
  • 狩野永徳における伝統性と独創性
  • 近世初期風俗画の変貌
  • 初期洋風画の図像表現と西洋版画
  • 桃山輸出漆芸とバロック
  • 眼のうろこ-16、7世紀日本における「異邦」の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術全集
著作者等 井出 洋一郎
河野 元昭
矢部 良明
辻 惟雄
書名ヨミ ニホン ビジュツ ゼンシュウ
書名別名 永徳と障屏画 : 桃山の絵画・工芸2

Nihon bijutsu zenshu
巻冊次 第15巻
出版元 講談社
刊行年月 1991.2
ページ数 239p
大きさ 37cm
ISBN 4061964151
NCID BN05979161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91031162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
永徳と障屏画 : 桃山の絵画・工芸2 辻惟雄 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想