日本の放送のあゆみ

日高一郎 著

放送記者として30年のキャリアを誇る筆者が、秘蔵のメモから初めて書下した日本の放送通史。ヨチヨチ歩きの放送界が権力の支配という葛藤の歴史60年。マスコミ志望の若者に、ぜひ読んでもらいたい1冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 胎動期(放送の誕生
  • 全国組織への発展)
  • 第2章 戦時期(非常時とラジオ
  • 太平洋戦争と放送)
  • 第3章 占領期(占領政策と放送
  • 民主化の中で)
  • 第4章 転換期(民間放送の設立
  • ラジオ黄金時代)
  • 第5章 発展期(テレビ時代の開幕
  • テレビ成長期)
  • 第6章 現代期(家庭で見る歴史
  • 放送とニューメディア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の放送のあゆみ
著作者等 日高 一郎
書名ヨミ ニホン ノ ホウソウ ノ アユミ
出版元 人間の科学社
刊行年月 1991.1
ページ数 332p
大きさ 20cm
NCID BN05963208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91061421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想