マダガスカル自然紀行 : 進化の実験室

山岸哲 著

マダガスカルは6500万年ほど前、エピオルニスのような古い走鳥類などを乗せてアフリカ大陸からインド洋に向け漂流してしまったため、その後に大陸で新たに出現した動物は一部しか渡ってこられなかった。本書は、自然の聖域として動物の進化の研究に格好なこの島へ学術調査に出かけた鳥類学者による観察記録で、奇妙なくちばしをもつモズ類等の生態と島の自然環境、そこに生活する住民の姿を生き生きとした筆致で伝えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 首都アンタナナリボ
  • 第2章 奇妙な嘴を持つモズたち
  • 第3章 ペリネの森
  • 第4章 南への旅
  • 第5章 ワナキツネザルの森
  • 第6章 北の森
  • 第7章 砂漠のタコノキ林
  • 第8章 スケトベの森
  • 第9章 マダガスカルは今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マダガスカル自然紀行 : 進化の実験室
著作者等 山岸 哲
書名ヨミ マダガスカル シゼン キコウ
書名別名 Madagasukaru shizen kiko
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.2
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4121010108
NCID BN05955345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想