イヌ : どのようにして人間の友になったか

J.C.マクローリン 作・画 ; 沢崎坦 訳

人類の最良の友、イヌは、哺乳動物のハンターとして2億年の歴史をもっている。その壮大な進化の物語を創成期から始め、数万年にわたる人間との交流のなかで家犬が誕生する過程を、科学的推理をまじえて明らかにする。「われらが犬」から「滅びゆく野生」を学び、人とイヌ、人と自然との共存のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イヌ : どのようにして人間の友になったか
著作者等 McLoughlin, John C
沢崎 坦
マクローリン J.C.
書名ヨミ イヌ
書名別名 The canine clan

Inu
シリーズ名 同時代ライブラリー 59
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.2
ページ数 239, 3p
大きさ 16cm
ISBN 4002600599
NCID BN05951785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想