現代日本女性史

井上清 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • はじめに 戦争の体験 / p11
  • 「父ちゃんば殺して……」
  • 囚人のような国民生活
  • 「足手まといは追い払え」-疎開
  • 沖繩県民の悲劇が示すもの
  • 空襲と原爆
  • 試錬にたえた女性の前進
  • 一 敗戦と占領のいけにえ / p28
  • 占領軍の二重の性質
  • インフレ・失業と女性
  • 食糧危機とマッカーサー
  • 小平事件その他の惨劇
  • 売春と政府・占領軍
  • 二 憲法と法律上の女性解放 / p46
  • ボツダム宣言
  • 婦人参政権のかくとく
  • 日本国憲法はおしつけではない
  • 男女同権の法制と女性の進出
  • 三 占領下の初期の婦人運動 / p63
  • 女学生と看護婦と女教師から
  • 労働組合の結成と婦人の活動
  • 市民・農民女性の立ち上りと農地改革
  • 幣原内閣打倒より芦田内閣までの政局と女性
  • 民主的な婦人組識の発足
  • 民婦協の結成と地域婦人団体
  • 四 冷たい戦争と女性 / p86
  • 冷戦政策と婦人
  • 平和確立婦人大会をめぐって
  • 極東の工場化政策と労働婦人
  • 女性の地位の逆転
  • 五 非武装国日本女性の願い / p101
  • 「婦団協」の成立・「日本婦人会議」
  • 平和運動と婦人の先駆的役割
  • 非武装国日本女性の願い
  • 婦人平和運動の分裂
  • 六 基地日本の経済復興と女性の生活 / p117
  • 特需景気と生活の向上
  • ふえる女子労働者とその賃金
  • 栄養不足・黄変米・住宅難
  • ひろがる生活格差・人身売買
  • 基地と教育
  • 売春・暴行の激増と性のたいはい
  • 七 民主主義の破壊と再軍備の強化 / p136
  • 血のメーデー
  • 民主的権利と議会政治のじゅうりん
  • MSA協定と自衛隊
  • 教育二法・憲法改悪案・指揮権発動
  • 八 生活と権利の闘い・内灘基地の婦人 / p152
  • 戦後女性史の第三期
  • コロンバン・三越・地方銀行のスト
  • 松崎製糸と近江絹糸のたたかい
  • 炭婦協・子供を守る会
  • 内灘基地反対と婦人の役割
  • 九 平和と独立をめざす婦人の成長 / p168
  • 高良とみの入ソと婦団連の成立
  • 日本婦人大会と世界婦人会議
  • 労働省全国婦人会議の役割
  • 統一への前進と原水爆禁止運動
  • 激動の中の新しい世代
  • 十 婦人運動の新しい発展 / p184
  • 鳩山内閣と諸政党の再出発
  • 日ソ国交回復と平和勢力
  • 母親大会と働く婦人の中央集会
  • 部落の婦人も立ち上る
  • 売春防止法と家族制度復活の問題
  • 基地反対運動の新しい発展
  • 十一 新安保条約反対へのたかまり / p210
  • 「日米新時代」と女性
  • 沖繩の状態と祖国復帰運動
  • デイトもできない警職法反対
  • 安保のたたかい
  • 世界の動きと安保のたたかい
  • むすび 日本女性の現在と将来 / p232
  • 現代日本女性史の時期区分
  • 実父長制の経済的基礎はくずれた
  • 現代女性の経済的地位
  • 女性の経済的地位のもたらす矛盾
  • 現代女性の三類型と将来の方向

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代日本女性史
著作者等 井上 清
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ジョセイシ
シリーズ名 三一新書
出版元 三一書房
刊行年月 1962
ページ数 260p
大きさ 18cm
NCID BN05950396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62005671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想