「大乗起信論」を読む

高崎直道 著

中国・日本の仏教者のあいだで古くから愛読され親しまれてきた『大乗起信論』。だが、大乗仏教の根本教義を理論と実践の両面にわたって説いたといわれる、『起信論』の内容を真に理解することは、実は大変に厄介である。仏教学の第一人者が一般の読者のために、一字一句懇切に読み進めた本書は、『起信論』への入門書であり、また仏教への誘いである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『起信論』の意図と綱格
  • 第2章 起信の主体と対象
  • 第3章 迷いと悟り-心生滅について
  • 第4章 迷悟の相関
  • 第5章 修行と信心
  • 第6章 『起信論』をめぐる問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「大乗起信論」を読む
著作者等 高崎 直道
書名ヨミ ダイジョウ キシンロン オ ヨム
シリーズ名 大乗起信論 35
岩波セミナーブックス 35
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.1
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 400004205X
NCID BN05947540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想