反俗脱俗の作家たち

大星光史 著

鴎外・漱石・荷風・独歩・芥川・川端・太宰・日本近代の黎明期から現代に至る7名の作家。彼らは世俗の矛盾やカラクリを見透し、解脱を試みた勇者たちであった。-その文学に刻まれた彼らの"生"の光芒をとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 表裏の二面性-森鴎外
  • 反俗・超俗の世界-夏目漱石
  • 偏奇館主人-永井荷風
  • 自然への回帰-国木田独歩
  • "芸術"への生と遁世-芥川龍之介
  • 感覚美の探究者-川端康成
  • 疎外の文化-太宰治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反俗脱俗の作家たち
著作者等 大星 光史
書名ヨミ ハンゾク ダツゾク ノ サッカタチ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1991.1
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4790703835
NCID BN05940847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91018208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想