クルド民族 : 中東問題の動因

S.C.ペレティエ 著 ; 前田耕一 訳

[目次]

  • 第1章 クルド民族概説
  • 第2章 オスマン・トルコ帝国支配下のクルディスタン
  • 第3章 クルド民族主義の萌芽
  • 第4章 周辺国家とクルド民族抑圧
  • 第5章 クルド共和国とソ連の関与
  • 第6章 民族主義運動の危機
  • 第7章 危機の分析
  • 第8章 持続するクルド民族運動
  • 解説に代えて エルビル紀行-イラン・イラク戦争とクルディスタン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クルド民族 : 中東問題の動因
著作者等 Pelletiere, Stephen C
前田 耕一
ペレティエ S.C.
書名ヨミ クルド ミンゾク
書名別名 The Kurds
出版元 亜紀書房
刊行年月 1991.3
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 4750591017
NCID BN05937955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91032055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想