人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  6 (ふるさとの人と知恵・山形)

加藤秀俊 ほか編纂

出羽三山に修行を積む山伏の声を聞き、山寺によせる庶民信仰の源を見る。急流・最上川の舟運は、河口都市・酒田の繁栄を生んだ。名藩の施策を支えた産業と教育、地方文化の先達の知恵を求め、街道の町に、紅花の里に、丹念に聞き書き歩いて編んだ、山形圏の人づくり読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の山形その地域振興の足どり(近世の出発と四地域割拠の定着
  • 庄内藩"民活路線"の成果と矛盾 ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(酒田湊の発展
  • 白岩一揆
  • 莅戸善政-『かてもの』で凶作への心構えを説く
  • 上杉鷹山-米沢藩中興の名君
  • 吉高勘解由-新庄藩の嘉永改革の推進者 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(紅花の生産と流通
  • 延沢銀山 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(三浦寛右衛門-新庄藩数学の祖
  • 米沢藩の教育-興譲館と好生堂
  • 荒井和水と「鶴鳴舎」
  • 庄内藩校致道館
  • 上山藩校明新館 ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(山寺立石寺
  • 出羽国のキリシタン信仰 ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(最上義光
  • 鈴木清風
  • 本間光丘
  • 佐藤藤左衛門・藤蔵父子
  • 会田安明
  • 最上徳内
  • 蘭方医長沼太沖
  • 鈴木今右衛門
  • 小関三英
  • 長沢理玄
  • 清河八郎)
  • 資料編 山形

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 佐々木 俊介
加藤 秀俊
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・山形
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 6 (ふるさとの人と知恵・山形)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1991.2
ページ数 389p
大きさ 27cm
ISBN 4540900145
NCID BN05927000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想