わが輩は酵素である : 生命を支える超能力者たち

藤本大三郎 著

もしも酵素がなかったら、動物は一瞬たりとも生きていられず、植物は光合成をやめ、そして地上はゴミだらけ…。酵素は生命を支え、地球環境を守る"黒子"である。タンパク質の立体構造が演じる酵素の魔訶不思議な能力の数々を、"亀の甲"記号なしの一人称で、これからご紹介しよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わが輩なくして生命なし
  • 酵素の不思議な超能力
  • わが輩の体の秘密教えます
  • わが輩も"管理社会"の一員
  • 酵素の材料、酵素の"助っ人"
  • わが輩と健康とは深い仲
  • わが輩は毒にもなる
  • 暮らしに役だつ酵素
  • 人工の酵素をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが輩は酵素である : 生命を支える超能力者たち
著作者等 藤本 大三郎
書名ヨミ ワガハイ ワ コウソ デ アル
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.2
ページ数 209, 9p
大きさ 18cm
ISBN 4061328581
NCID BN05917765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91027984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想