アフマド・アーミン自伝 : エジプト・大知識人の生涯

アミーン アフマド【著】<Amin Ahmad>;水谷 周【訳】

アラブ世界が近代化の嵐に見舞われるなか、土着のイスラーム文化と西欧植民地支配文化のはざまにあつて苦悩したエジプトの大知識人アフマド・アーミンが自からの人生を冷徹な目とおだやかな語り口がふりかえる自伝の名著。エジプト的知性が結晶した好エッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「人生」について
  • 出自
  • 生家
  • 性格
  • 思い出
  • 街区
  • コーラン塾
  • 小学校
  • アズハル
  • 再びアズハル
  • アレキサンドリア
  • 小学校教員・学生
  • イスラム法学院
  • 活動
  • 兄弟の死
  • 外部オアシス地区
  • 英語
  • 交友
  • 本屋
  • 婚約
  • 結婚
  • 政治活動
  • 父と校長の死
  • エジプト大学文学部
  • トルコ
  • シリア・パレスチナ
  • イラク・ヒジャーズ
  • ヨーロッパ
  • 文学部長
  • 母の死
  • 著作
  • パレスチナ問題円卓会議
  • 退官
  • 病い
  • 名誉
  • 再び病い
  • 「私」について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフマド・アーミン自伝 : エジプト・大知識人の生涯
著作者等 Amīn, Aḥmad
水谷 周
アミーン アフマド
書名ヨミ アフマドア-ミンジデン : エジプト.ダイチシキジンノシヨウガイ
シリーズ名 パレスチナ選書
出版元 第三書館
刊行年月 1990.11.15
ページ数 295p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN05913447
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想