オーストラリア6000日

杉本良夫 著

日本の真南に位置する大陸オーストラリア。多種多様な移民たちがつくり上げるこの多民族・多文化社会の日常は、同じ高度産業社会のアメリカや日本とは異なった断面を見せてくれる。アジアとの結びつきを強めるオーストラリアと、そこに映しだされる観光開発・経済進出をはかる日本の姿を在豪十八年の著者が複眼的に伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マルチ・カルチュラリズムの快楽
  • 2 暮らしの中のゆとりと自然
  • 3 メディアの中の日本
  • 4 学習される日本
  • 5 太平洋戦争の記憶
  • 6 経済力という大波
  • 7 アングロ・サクソン文化の力
  • 8 市民生活とポスト・モダン
  • 9 ジャパナイゼーションの光と陰
  • 10 二つの社会の地下水をつなぐ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストラリア6000日
著作者等 杉本 良夫
書名ヨミ オーストラリア ロクセンニチ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.2
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4004301599
NCID BN0591169X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想