連環記 : 他一篇

幸田露伴 作

道心やみがたく出家の身となった慈仁の人慶滋保胤。その彼のもとへ、愛する女の死に世の無常を悟った大江定基は身を寄せる。そして縁あってこの二人に連なる聖界・俗界の人びと…。人生の明と暗、陰と陽とが結びあい、露伴(1867‐1947)ならではの広大な文学空間がひらけてゆく。併収「プラクリチ」。

「BOOKデータベース」より

道心やみがたく出家の身となった慈仁の人慶滋保胤。その彼のもとへ、愛する女の死に世の無常を悟った大江定基は身を寄せる。そして縁あってこの二人に連なる聖界・俗界の人びと…。人生の明と暗、陰と陽とが結びあい、露伴ならではの広大な文学空間がひらけてゆく。併収「プラクリチ」。

「BOOKデータベース」より

道心やみがたく出家の身となった慈仁の人慶滋保胤。その彼のもとへ、愛する女の死に世の無常を悟った大江定基は身を寄せる。そして縁あってこの二人に連なる聖界・俗界の人びと…。人生の明と暗、陰と陽とが結びあい、露伴ならではの広大な文学空間がひらけてゆく。併収「プラクリチ」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連環記 : 他一篇
著作者等 幸田 露伴
書名ヨミ レンカンキ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.2
ページ数 151p
大きさ 15cm
ISBN 4003101294
NCID BN05910518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91030047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想