富国論

アダム・スミス 著 ; 神永文三 訳述

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒言
  • 第一章 分業論
  • 第一節 分業の効果 / 3
  • 第二節 分業の原因 / 10
  • 第三節 分業の範圍 / 13
  • 第二章 貨幣論
  • 第一節 貨幣の必要 / 16
  • 第二節 金屬貨幣 / 17
  • 第三章 價値及び價格論
  • 第一節 價値 / 24
  • 第二節 眞實價値即ち勞働價値 / 25
  • 第三節 價格の組成分 / 31
  • 第四節 自然價値と市場價値 / 38
  • 第四章 勞働賃銀論
  • 第一節 勞働の報酬 / 48
  • 第二節 勞銀の決定條件 / 52
  • 第三節 高い勞銀、高度の生産力 / 54
  • 第四節 眞實の勞銀 / 59
  • 第五節 勞銀騰貴と生産力増進との相殺 / 63
  • 第五章 利潤論
  • 第一節 資本と利潤との關係 / 65
  • 第二節 各國々情と利潤との關係 / 67
  • 第三節 金利を昂騰せしむる諸原因 / 69
  • 第四節 法律制度の不備に因る高利 / 72
  • 第五節 普通利潤の最低限 / 74
  • 第六章 異なる産業間に於ける賃金と利潤
  • 第一節 賃銀及び利潤の平均化 / 77
  • 第二節 産業の性質より起る不同 / 78
  • 第三節 政策より起る不同 / 87
  • 第四節 農村及び都市の利潤平均の傾向 / 93
  • 第五節 人爲的に競爭を増加する政策 / 94
  • 第六節 賃銀及び物價の公定 / 96
  • 第七章 地代論
  • 第一節 地代の性質 / 99
  • 第二節 常に地代を生ずる土地生産物 / 103
  • 第三節 時として地代を生じ、時として地代を生ぜぬ土地生産物 / 110
  • 第四節 常に地代を生ずる生産物と、時として地代を生じ、時として地代を生ぜぬ生産物との間の價値比例の變動 / 119
  • 第五節 實收地代増加の傾向 / 122
  • 第八章 資本論
  • 第一節 概説 / 125
  • 第二節 資本の發生及種類 / 128
  • 第三節 資本の蓄積 生産的勞働と、不生産的勞働 / 134
  • 第四節 金利資本 / 141
  • 第五節 資本の用途 / 146
  • 第九章 重商主義論
  • 第一節 富と貨幣との同一視 / 151
  • 第二節 貿易均衡説 / 155
  • 第三節 戰爭と貨幣 / 164
  • 第四節 外國貿易より得る眞の利益 / 167
  • 第十章 保護貿易論
  • 第一節 内國市場獨占の効果 / 172
  • 第二節 保護關税の必要な場合 / 177
  • 第三節 貿易均衡上から加へる輸入制限 / 182
  • 第四節 貿易均衡説の不合理 / 185
  • 第十一章 重農主義論
  • 第一節 重農派の由來 / 193
  • 第二節 重農派の所謂生産 / 194
  • 第三節 重農派の政策 / 199
  • 第十二章 租税論
  • 第一節 租税徴收の原則 / 204
  • 第二節 土地收入に課する租税 / 206
  • 第三節 家屋の賃貸に課する租税 / 209
  • 第四節 資本より生ずる收入に課する租税 / 214
  • 第五節 特種營業の利潤に課する租税 / 218
  • 第六節 勞働賃銀に課する租税 / 219
  • 第七節 消費税 / 222

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 富国論
著作者等 Smith, Adam
神永 文三
神永三
アダム・スミス
書名ヨミ フコクロン
シリーズ名 社会哲学新学説大系 ; 第5巻
出版元 新潮社
刊行年月 [大正14]
ページ数 228p
大きさ 18cm
NCID BN05902393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43046963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想