<魂>に対する態度

永井均 著

<私>をめぐって深まりつつ繰り返される思索は、隣人をもたない<魂>に到達した。思想の場所を解体していく哲学の悦び。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポスト<道徳>的文化の展望
  • 哲学の極限
  • 規範の基礎-「べき」の生成論の立場から
  • ヴィトゲンシュタインの<感覚>とクリプキの<事実>
  • 教えることのパラドックス-「学校文化と生徒人格」序説
  • 世界宗教の外部へ-柄谷行人『探究』批判
  • 醒めることを禁じられた夢-「デリダVSフーコー」への一つの視点
  • <私>の存在
  • 「私」の同一性と<私>の同一性
  • 魂に対する態度-他人と他者の存在論的差異について
  • <魂>に対する態度
  • 質疑応答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <魂>に対する態度
著作者等 永井 均
書名ヨミ タマシイ ニ タイスル タイド
書名別名 Tamashii ni taisuru taido
出版元 勁草書房
刊行年月 1991.2
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4326152478
NCID BN05898263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91024556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想