講座東南アジア学  第10巻

矢野暢 ほか企画・編

東南アジア世界の尊厳を重んじ、独創的な方法論と実証的なフィールドワークをもとに、壮大な知の構図を提示したわが国初の画期的講座。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 近代日本の南方関与
  • 第1部 「大東亜戦争」以前(南進論の系譜
  • 「南洋」神話の形成
  • 「山田長政」神話の虚妄
  • 日本資本主義と南洋
  • 戦前フィリピンにおける邦人の「官民接近」の構造
  • 南洋の日本人学校と「臣民」教育
  • 国防構想と南進論
  • 「大東亜戦争」の意味)
  • 第2部 戦後期の南方関与(戦後日本の南方回帰
  • 日本の対東南アジア経済進出の構図
  • 1970年代前半の東南アジアにおける反日の論理
  • 経済協力-実績と理念
  • 国際人流の時代-「じゃぱゆきさん」の象徴性
  • 「『南進』の系譜」以後)
  • 近代日本の南方関与略年表(1868‐1945年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座東南アジア学
著作者等 井草 邦雄
吉川 洋子
大畑 篤四郎
小島 勝
後藤 乾一
村井 吉敬
樋口 貞夫
波多野 澄雄
清水 元
矢野 暢
神谷 忠孝
萩原 宜之
鈴木 静夫
書名ヨミ コウザ トウナン アジアガク
書名別名 東南アジアと日本

Koza tonan ajiagaku
巻冊次 第10巻
出版元 弘文堂
刊行年月 1991.2
ページ数 329p
大きさ 22cm
ISBN 4335000308
NCID BN05894615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
東南アジアと日本 矢野 暢
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想