難民化の力学 : 人は、なぜ追いたてられるのか 国際人道問題独立委員会(ICIHI)報告書

国際人道問題独立委員会 (ICIHI) 著 ; 創価学会青年平和会議 訳

21世紀を前に、人類が直面する本格的「大量人口移動」。その中の、強いられた"ボーダレス・ピープル"の現象を、政治・経済・社会など、さまざまな角度から分析し、対応策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 難民(大量難民化の危機
  • 避難を強いられて-発展途上国における難民
  • 歓迎されざる客?-先進工業国における難民
  • 国際的な法制度と諸機関
  • 恒久的解決)
  • 第2部 避難民(国家と人口移動の管理
  • スケープゴート-大量国外追放の現象
  • もてあそばれる人々-強制移転・移住計画
  • 庇護を求めて-発展途上国における国内避難民
  • 予測と行動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 難民化の力学 : 人は、なぜ追いたてられるのか 国際人道問題独立委員会(ICIHI)報告書
著作者等 Independent Commission on International Humanitarian Issues
創価学会
創価学会青年平和会議
国際人道問題独立委員会
緒方 貞子
書名ヨミ ナンミンカ ノ リキガク
書名別名 Refugees
出版元 第三文明社
刊行年月 1990.12
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 4476031668
NCID BN05880621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想