西田哲学の研究 : 場所の論理の生成と構造

小坂国継 著

西田哲学固有の《場所》の論理はいかに生まれ、どのような内容と意義を有するのか-『善の研究』をはじめ難解をもってなる西田幾多郎の諸著作を思想の発展に即して内在的に読み解く作業を通して明らかにする。強靭な思索のなかから生まれた西田哲学の世界を余すところなく分析する本格的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 西田哲学の性格と発展
  • 第1章 純粋経験-西田哲学の出発
  • 第2章 自覚-直観と論理の相克
  • 第3章 場所-西田哲学の誕生
  • 第4章 一般者-無の形而上学的体系
  • 第5章 絶対無-弁証法的世界の論理へ
  • 補論 比較思想的考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田哲学の研究 : 場所の論理の生成と構造
著作者等 小坂 国継
書名ヨミ ニシダ テツガク ノ ケンキュウ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1991.1
ページ数 396p
大きさ 22cm
ISBN 4623020576
NCID BN05855282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想