ガリア戦記

カエサル 著 ; 近山金次 訳

カエサル率いるローマ軍のガリア遠征の記録。現地から彼が送る戦闘の記録はローマ余市を熱狂のるつぼに化したという。7年にわたる激闘を描いたこの書物こそ、文筆家カエサルの名を不朽にし、モンテーニュをして「最も明晰な、最も雄弁な、最も真摯な歴史家」と賞讃せしめたものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリア戦記
著作者等 Caesar, Gaius Julius
Caesar, Julius
近山 金次
カエサル
書名ヨミ ガリア センキ
書名別名 Commentarii de bello gallico
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.1
ページ数 320p
大きさ 19cm
ISBN 4000070118
NCID BN05854734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想