御伽草子 : 物語・思想・絵画

黒田日出男 ほか編

中世から近世へ庶民に愛読された酒呑童子や浦島太郎など、昔話のなかに隠されたコードを多角的に読み解き、中世から近世へ大きく変貌する歴史と社会構造の姿を追求した、御伽草子の再発見。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 御伽草子を読む
  • 物語の読み-『木幡狐』の場合
  • 『物くさ太郎』を読む
  • 御伽草子『小敦盛』の位相
  • 御伽草子の「祝言」性について-『浜出草紙』を中心に
  • 祝言の視界-『一寸法師』の世界
  • 『さいき』における物語の構造
  • 『横笛草紙』の語る夢-近世・その秩序の深層
  • 御伽草子の絵画コード論
  • 付録 御伽草子資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 御伽草子 : 物語・思想・絵画
著作者等 佐藤 正英
古橋 信孝
黒田 日出男
書名ヨミ オトギ ゾウシ
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1990.11
ページ数 309, 21p
大きさ 21cm
ISBN 4831504998
NCID BN05854075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91019875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想