冬山の掟

新田次郎 著

冬山では午後になって新しい行動を起こすな-山で発熱した者のためにこのルールに背いて、吹雪の中を彷徨う一行と、その身を案じる家族の懊悩を描く表題作の他、「地獄への滑降」「霧迷い」「雪崩」など、遭難を材にとった全十編を収録。峻厳な山を前に表出する人間の本質を鋭く抉り出した迫真の山岳短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冬山の掟
著作者等 新田 次郎
書名ヨミ フユヤマ ノ オキテ
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1978.7
版表示 新装版
ページ数 246p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-711242-4
NCID BB1458394X
BN05850686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78024129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想