日本文学大系  第21巻

能勢朝次著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 猿樂發達史概觀 / 9
  • 一 猿樂の濫觴 / 10
  • 二 賤民猿樂者 / 12
  • 三 猿樂劇の發生 / 15
  • 四 能の發生と其の發達 / 19
  • 五 座の發達 / 25
  • 六 猿樂の庇護者 寺社と武家 / 34
  • 七 大和猿樂の功績 / 38
  • (1) 觀阿彌清次の功績
  • (2) 世阿彌元清の功績
  • (3) 音阿彌元重と金春禪竹の功績
  • 第二 能樂藝術論 / 49
  • 一 演能の三大要素 / 49
  • (1) 物眞似論
  • (2) 幽玄論
  • (3) 花の論
  • 二 能の構成論 / 76
  • (1) 觀阿彌の庭訓
  • (2) 世阿彌の能作論
  • 三 能藝の音樂的統整 / 87
  • (1) 物眞似伎と音曲
  • (2) 舞と音曲
  • (3) 音曲論
  • 四 能樂習道論 / 103
  • (1) 年來稽古條々と物學條々
  • (2) 二曲と三體・本風と用風
  • (3) 有主風
  • (4) 安位
  • (5) 闌位
  • (6) 妙位
  • 五 藝位序列 / 125
  • (1) 九位次第
  • (2) 中三位
  • (3) 上三花
  • (4) 下三位
  • 六 心の問題 / 143
  • (1) 觀阿彌と世阿彌の相違點
  • (2) 内面反省の戒
  • (3) 生命力としての心
  • 七 能の解釋 金春禪竹の能藝論 / 165
  • (1) 佛教哲理的解釋 六輪一露
  • (2) 歌道的解釋
  • 第三 室町時代以後の能樂 / 195
  • 第四 能樂の現代的意義 / 199
  • 一 能樂と國民性 / 199
  • 二 能樂美の諸相 / 202
  • (1) 節約性と單純化
  • (2) 端麗と靜寂
  • (3) 嚴肅性
  • (4) 氣合の充實
  • (5) 詩の舞臺的表現

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学大系
著作者等 能勢 朝次
書名ヨミ ニホン ブンガク タイケイ
書名別名 古代劇文学

Nihon bungaku taikei
巻冊次 第21巻
出版元 河出書房
刊行年月 昭14
ページ数 216p
大きさ 19cm
NCID BN05847320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古代劇文学 能勢 朝次
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想