西田・三木・戸坂の哲学 : 思想史百年の遺産

宮川透 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 1 近代哲学の形成 / p11
  • <1> 洋学の伝来と哲学の受容
  • <2> 民権思想とドイツ哲学
  • <3> 啓蒙主義からロマン主義へ
  • 2 『善の研究』の成立 / p31
  • <1> 抵抗・挫折・参禅
  • <2> 純粋経験
  • 3 西田哲学と大正の世代-西田幾多郎と三木清の出会い / p59
  • <1> 『善の研究』と『愛と認識との出発』
  • <2> 一高から京大へ
  • <3>リッケルトからハイデッガーへ
  • 4 マルクス主義をめぐって-戸坂潤の登場 / p99
  • <1> 空間論
  • <2> 人間学のマルクス的形態
  • <3> 科学方法論
  • <4> マルクス主義と西田の哲学
  • 5 「暗い谷間」の時代に / p147
  • <1> 構想力の論理
  • <2> クリティシズムとしての哲学
  • <3> 歴史的形成の論理
  • 6 西田・三木・戸坂の哲学 / p183
  • <1> 東洋思想の二十世紀的形成
  • <2> 三木の西田哲学批判
  • <3> 「悟性」の哲学の威力
  • 主要参考文献表 / p203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西田・三木・戸坂の哲学 : 思想史百年の遺産
著作者等 宮川 透
書名ヨミ ニシダ ミキ トサカ ノ テツガク : シソウシ 100ネン ノ イサン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 203p
大きさ 18cm
NCID BN05830135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67008935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想