犬と狼

平岩米吉 著

「犬」をもっと知るために、狼・ジャッカル・狸など犬科の動物をはじめ、ハイエナ・ジャコウネコ・クマなどを身近に観察・研究することから生れた「動物文学」の幻の名著、復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 手記(縞ハイエナ
  • 月の輪熊
  • 麝香猫素描)
  • 随筆(犬の英知
  • 猛獣
  • 狼を飼う
  • 狼と食物
  • 狼の眼
  • 馴れた狼の脇話
  • 狼と山犬の弁
  • 犬狼雑記
  • 赤狼
  • 熊狩の話
  • 狸汁
  • 動物の色彩
  • 動物の予感
  • フランスの狼狩)
  • 考証(主人に殉じた犬の話
  • 狼の伝説
  • 狼の跳躍
  • 熊の母)
  • 研究(犬科動物の習性
  • 生態観察より見た犬の祖先
  • どうして犬はワンワン吠えるか
  • 犬と狼との間生の記録
  • 犬の習性に関する一考察
  • 犬は肖像を解するか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬と狼
著作者等 平岩 米吉
書名ヨミ イヌ ト オオカミ
書名別名 Inu to ookami
出版元 築地書館
刊行年月 1990.12
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 480672307X
NCID BN05824722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91017914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想