脳死・臓器移植・がん告知 : 死と医療の人類学

波平恵美子 著

脳死や臓器移植をめぐる論議は、科学的な観点に依存するあまり、日本人の伝統的な身体観念との接点を失った。愛する親族の遺族を物質的に扱われることを厳然と阻む日本人の心性とは?医療を文化人類学のフィールドとして捉え、現代医療が見失った日本文化の独自性を明らかにし、混迷の中に新しい視座を提示する快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人の遺体観念(日本人と遺体
  • 「死」の観念と臓器移植
  • 献体と解剖
  • 身体についてのイメージと観念)
  • 2 医療と死(がんの「告知」
  • 臓器移植-生と死の論理
  • 医療現場-生と死のジレンマ)
  • 3 病気の意味づけ(病気を語る
  • 病気をめぐる自己と他者
  • 病気と偏見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死・臓器移植・がん告知 : 死と医療の人類学
著作者等 波平 恵美子
書名ヨミ ノウシ ゾウキ イショク ガン コクチ
書名別名 Noshi zoki ishoku gan kokuchi
シリーズ名 福武文庫
出版元 福武書店
刊行年月 1990.11
ページ数 308p
大きさ 15cm
ISBN 482883169X
NCID BN05823628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想