ストック経済を考える

野口悠紀雄 著

フローからストックへ、日本経済は長期的構造変化を遂げつつある。「宵越しの金を持たない」社会から「失うべき何物かを持つ」社会への変貌。ストック経済はしかし、豊かである半面、分配上の深刻な問題を抱えている。新しい時代の公平と真の豊かさをどう実現するか。本書は土地政策、相続・資産税制、社会保障制度等の具体的構想を提言する。「資産保有者の貪欲が社会の進歩を妨げる」という認識に立つ、新しい経済学の試みでもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済のストック化
  • 第2章 投機とバブル-ストック価格のメカニズム
  • 第3章 土地-不可決だが厄介なストック
  • 第4章 家計の保有ストックと相続
  • 第5章 ストック経済の税制と社会保障
  • 第6章 社会的ストックの形成
  • 第7章 ストック経済の経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストック経済を考える
著作者等 野口 悠紀雄
書名ヨミ ストック ケイザイ オ カンガエル
書名別名 豊かな社会へのシナリオ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.1
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 4121010027
NCID BN05801840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想