殿様と鼠小僧 : 老侯・松浦静山の世界

氏家幹人 著

将軍膝下の江戸城にあって幕政参加の野心を抱いていた松浦清は、猟官運動までした甲斐も空しく、夢果すことなく47歳の若さで隠居。それより82歳で没するまで、本所平戸藩下屋敷で、静山を号し、悠悠自適の余生を送った。この隠居暮らしのなか、幼馴染の林述斎の勧めで、静山はその博識と、大名から出入り職人にいたる多彩な情報源をもとに、膨大な随筆『甲子夜話』を執筆、江戸の実相を生き生きと書き留め、今日に伝えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大名暮らし
  • 殿様が大名を辞めるとき
  • 老侯の時代
  • 本所下屋敷の人々
  • 隠居同士
  • 不思議降る町
  • 殿様と鼠小僧
  • 家族の肖像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 殿様と鼠小僧 : 老侯・松浦静山の世界
著作者等 氏家 幹人
書名ヨミ トノサマ ト ネズミ コゾウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.1
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4121010043
NCID BN05801614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想