からだを護るもの

緒方富雄 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 一 ものを食ふ細胞 / p1
  • いとぐち / p1
  • からだを護るもののなかから / p3
  • ものを食ふ細胞 / p6
  • 食細胞がものを食ふからくり / p10
  • 食細胞の運動 / p15
  • 食細胞に食はれたものはどうなるか? / p18
  • 食細細はどんなものを食ふか? / p20
  • 食細胞はどこでできるか? / p21
  • からだを護るものとしての食細胞 / p24
  • 二 からだの修理 / p29
  • きず / p29
  • 「きず」はなほる / p30
  • からだは自分と同じものをつくりたがる / p32
  • 組織をからだのそとでそだてる / p35
  • 組織の修理 / p39
  • 「きず」の修理 / p43
  • からだになじまぬものはどうなるか? / p50
  • 三 微生物とたたかふ組織 / p58
  • われわれのまはりの微生物 / p58
  • 微生物はどんな道筋でわれわれのからだにはいるか? / p60
  • 微生物はからだのなかにはいつてどうなるか? / p62
  • 炎症のいろいろ / p71
  • 炎症の意義 / p82
  • 四 微生物とたたかふ血淸 / p88
  • 血はどうしてかたまるか? / p88
  • 血淸 / p91
  • 血淸の殺菌力 / p92
  • 微生物とたたかふ血淸の力は增す / p93
  • 抗體とは何か? / p100
  • 抗體はどんなものに對してできるか? / p102
  • 免疫 / p105
  • 免疫の逆をゆくもの / p107
  • 免疫とアレルギー / p108
  • 五 結核症と取り組む / p112
  • まづ相手を見すゑて / p112
  • 結核と結核症 / p113
  • 結核菌に立ちむかふもの / p116
  • もう一つの型 / p125
  • それからどうなるか? / p127
  • 厄介なこと / p131
  • 一步をすすめて / p132
  • 結核症の感染 / p133
  • 六 結核症を組み伏せる / p141
  • ふみにじるにまかせて / p141
  • 肺結核がすすむと / p143
  • 增殖性の肺結核 / p148
  • 滲出性の肺結核 / p152
  • 血痰や喀血のこと / p154
  • 空洞の意義 / p155
  • 結核症に免疫はあるか? / p161
  • ツベルクリン反應 / p166
  • 肋膜炎について / p170
  • 肺結核を見つけるには / p175
  • 結核症はどうしてなほすか? / p180
  • 化學療法の問題 / p185
  • 結核症の豫防のこと(BCGワクチン) / p190
  • 結核症の發病の豫防といふこと / p196
  • からだを護るものの總力をあげて / p198
  • むすび / p201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 からだを護るもの
著作者等 緒方 富雄
書名ヨミ カラダ オ マモル モノ
シリーズ名 生活科学新書 ; 44
出版元 羽田書店
刊行年月 1946
ページ数 202p 図版
大きさ 19cm
NCID BN05799330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61009812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想