国際安全保障の構想

鴨武彦 著

「冷戦システム」が終焉に向いつつある現在、90年代の国際安全保障構想はいかなるものであるべきなのか。パワー・ポリティクス論と新・旧のリアリズム論の批判の上に、国際政治の変容を跡づける。アメリカの「覇権の凋落」にみられるヘゲモニー・システム及び冷戦システムの変容を構造的に分析し、将来を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国際政治で何が問われているのか-パラダイムの再検討(パワー・ポリティクスと古典リアリズム
  • ネオ・リアリズムの限界と新たなパラダイム)
  • 第2部 国際政治はいかにして変容してきたか-構造とダイナミズムの変容分析(ヘゲモニー・システムの変容
  • 冷戦システムの変容
  • 核抑止の意味と核戦略政策)
  • 第3部 国際安全保障の構想(1990年代の国際安全保障構想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際安全保障の構想
著作者等 鴨 武彦
書名ヨミ コクサイ アンゼン ホショウ ノ コウソウ
書名別名 Kokusai anzen hosho no koso
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.12
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 4000008315
NCID BN05797674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91020528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想