バイロン詩集

阿部知二 訳

[目次]

  • 若い情熱
  • 唄 / 9
  • M・S・Gに / 10
  • M・S・Gに / 14
  • 断片 / 16
  • メアリ・チョワアスに / 17
  • 懐しいメアリ・アンに / 18
  • 若き山人のごとさすらいしとき / 20
  • カタルス風 / 23
  • 囁くなかれ / 24
  • 追憶 / 26
  • 今さらに口にするまでもないあの頃 / 27
  • 女よ / 29
  • わが心沈むとき / 30
  • いざ杯を満たせ / 32
  • ハロルドの旅
  • 或るひとに / 39
  • チャイルド・ハロルドの告別 / 43
  • カディスの乙女 / 49
  • イイネスに / 52
  • フロレンスに / 55
  • モオルタ島にて、ある写真帖に / 59
  • 雷雨のなかにて歌える / 60
  • アムブラキアの湾をよぎりつつ / 65
  • 惑いは破れ、恋は去りぬ / 67
  • 鼓手よ、鼓手よ / 68
  • アバイドスよりセストスに泳ぎし後に / 71
  • アテネの乙女よ、君と別るるに先立ちて / 73
  • 海洋 / 75
  • 羅馬 / 79
  • 澄明、静謐のレマン湖 / 82
  • ヴェニス / 86
  • ギリシアの島 / 88
  • 恋と悩み
  • かのひとは美わしく行く / 97
  • 君の泣くを見ぬ / 99
  • 別れる時に / 100
  • 去れよ、去れよ、悲しみの調べよ / 102
  • 音楽に寄せて / 104
  • 音楽に寄せて / 105
  • わがこころ暗し / 106
  • ああ、花のさかりに散りし人よ / 108
  • サーザに与える歌 / 109
  • いま一度力を尽せば / 113
  • 安らかな死 / 116
  • 君は逝きぬ、若く美わしく / 119
  • ロマイカ語の恋の歌 / 124
  • この悩ましき生身を、冷たきものの包むとき / 128
  • 二人が別れたとき / 130
  • 野の羚羊 / 132
  • すべて空の空なりと師は説かれぬ / 134
  • オーガスタに寄す(一) / 136
  • オーガスタに寄す(二) / 139
  • 私は世を愛しなかった / 142
  • 追放者・英雄
  • いまはさまようをやめん / 147
  • 印度風の唄 / 148
  • ポオ河に寄せる歌 / 149
  • あるひとに / 153
  • ブレシントン伯爵夫人に / 155
  • 「恋」がいつまでも / 156
  • フロレンスとピサを繫ぐ路にて唄える / 162
  • 風の精の歌 / 163
  • マンフレッドへの呪い / 164
  • 僕と英語 / 165
  • 愛の幻滅 / 167
  • 宵の明星 / 171
  • ドン・ジュアンとヘイデ / 173
  • この日わが三十六歳を終る / 175
  • 解説 / 179
  • 口絵/バイロン肖像画

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 バイロン詩集
著作者等 Byron, George Gordon Noël Byron, 6th baron
Byron, George Gordon, Baron
阿部 知二
書名ヨミ バイロン シシュウ
シリーズ名 世界の詩 ; 7
出版元 弥生書房
刊行年月 1963
ページ数 182p
大きさ 18cm
NCID BN05796682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63010553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想