平安朝漢文学の開花 : 詩人空海と道真

川口久雄 著

弘法大師空海と菅原道真こそ、平安朝初期漢文学のピークに立つ存在である。本書は、わが国の美意識を深め、その振幅を広めたこの両詩人の真髄を唐代文学とのかかわりの視座から追求した。敦煌資料などを駆使し、白話詩、変文・変相・疑経など、従来扱われなかったジャンルとのかかわりも考察。著者の文芸に関する平易で知的なエッセイも興味尽きない魅力がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平安文学の開花
  • 日本における仏教文学・説話文学の成立-東アジア世界の変貌と国風文化の形成
  • 空海と大唐世界
  • 空海文学における大唐文化の投影
  • 空海の『聾瞽指帰』-その背後にあるもの
  • 菅原道真の文学と元〓@5DBA・白楽天の文学-大宰府における「叙意一百韻」詩をめぐって
  • 『和漢朗詠集』の世界
  • 洞窟の美神-古典研究の余滴
  • 『華厳縁起』の説話と説話画
  • 盲目の吟遊詩人
  • 古戦場のうた・雲雀のうた-明治初期の洋行詩人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安朝漢文学の開花 : 詩人空海と道真
著作者等 川口 久雄
書名ヨミ ヘイアンチョウ カンブンガク ノ カイカ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1991.1
ページ数 325p
大きさ 20cm
ISBN 4642072888
NCID BN05766998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91018521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想