神道論攷  第1巻

宮地直一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、 上代史に於ける石上神宮 / 1
  • 二、 春日神社の成立 / 41
  • 三、 熊野神社と熊野山 / 75
  • 一、 外的方面よりの考察 / 75
  • 二、 内的方面よりの考察 / 99
  • 四、 清和源氏と八幡宮との關係 / 114
  • 一、 諸家考説の批評 / 115
  • 二、 諸源氏と八幡宮との關係 / 121
  • 三、 源氏と平野神社との關係 / 128
  • 四、 清和源氏と八幡宮 / 135
  • 上、 頼信・頼義・義家の三代 / 135
  • 下、 頼朝の事蹟 / 153
  • 五、 室町幕府の宗祀 / 166
  • 六、 大内義隆の神道觀 / 211
  • 七、 三河國に於ける徳川氏の氏神 / 233
  • 八、 諸神同時の昇敍について / 303
  • 神道論攷第一卷の後に記す / 364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神道論攷
著作者等 宮地 直一
書名ヨミ シントウ ロンコウ
巻冊次 第1巻
出版元 古今書院
刊行年月 昭和17
ページ数 368p 図版 地図
大きさ 22cm
NCID BN05766342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46002866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想