ナルシシズムという病い : 文化・心理・身体の病理

A.ローウェン 著 ; 森下伸也 訳

競争社会のなかで成功を収めてきたのは、身体の硬直した人間、感情を失ったナルシシスト達ではないのか?「あまりに多く、あまりに速く」を追求し続ける我々の時代の狂気を鋭く抉る問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナルシシズムのスペクトル
  • 第2章 イメージの役割
  • 第3章 感情の否定
  • 第4章 権力とコントロール
  • 第5章 誘惑と操縦
  • 第6章 戦慄-非現実の顔
  • 第7章 狂気への恐れ
  • 第8章 あまりに多く、あまりに速く
  • 第9章 われわれの時代の狂気

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナルシシズムという病い : 文化・心理・身体の病理
著作者等 Lowen, Alexander
森下 伸也
ローウェン A.
書名ヨミ ナルシシズム ト ユウ ヤマイ
書名別名 Narcissism
出版元 新曜社
刊行年月 1990.12
ページ数 328, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4788503816
NCID BN05766127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91025987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想