惑星軌道論

G.W.F.ヘーゲル 著 ; 村上恭一 訳

ニュートンの力学的天文学の原理を批判的に論究し、ケプラーの天体運動の法則を概念的に演繹しつつ、太陽系の機構と惑星の軌道に関する概念とその意義を哲学的に基礎づける野心的な試み。ヘーゲル自然哲学の出発点を示す若きへーゲルの論考に詳細な注解を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 惑星の軌道に関する哲学的論考(ニュートン天文学の原理の批判的論究
  • 太陽系の基礎的原理の哲学的叙述
  • 補遺-惑星間の距離の問題)
  • 惑星の軌道に関する哲学的論考への暫定的テーゼ
  • 付録(惑星の軌道に関する論考
  • 1801年8月27日の教授資格取得論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 惑星軌道論
著作者等 Hegel, Georg Wilhelm Friedrich
村上 恭一
ヘーゲル G.W.F.
書名ヨミ ワクセイ キドウロン
書名別名 Dissertatio philosophica de Orbitis Planetarum

Wakusei kidoron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 324
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.1
ページ数 229, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4588003240
NCID BN05765146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91033373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想