世界としての夢 : 夢の存在論と現象学

デトレフ・フォン・ウスラー 著 ; 谷徹 訳

「夢のさなか」、「目覚め」、その「解釈」という三局面から、夢の理論を、従来の一面的見方を措いて体系的かつ連続的に捉え直し、豊富な夢の事例と夢の歴史の解釈を通して人間存在の秘密を具体的に開示した哲学的夢学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 夢の存在についての問い(夢見られた事象の<現実である>という存在
  • 夢見られた事象の<夢見られることによってある>という存在-夢世界の超越論的理念性
  • 夢見られた事象の<意味するものとしてある>という存在)
  • 第2部 夢の現象学(構想
  • 具体的な夢の事例を手がかりにした夢の現象学の呈示)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界としての夢 : 夢の存在論と現象学
著作者等 Uslar, Detlev von
谷 徹
ウスラー デトレフ・フォン
書名ヨミ セカイ ト シテノ ユメ
書名別名 Der Traum als Welt. 2.Aufl

Sekai to shiteno yume
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 320
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.12
ページ数 558p
大きさ 20cm
ISBN 4588003208
NCID BN05759176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想