夢の労働労働の夢 : フランス初期社会主義の経験

田崎英明 著

労働者たちが、物質的な貧困からの解放だけでなく、文学や芸術をも他者との交通回復に不可欠の手段としたフランス初期社会主義の実験を、"今・ここ"の問いとして再演する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 7月王政期の労働運動(フランスの産業化
  • 労働者の組織・運動
  • 1830年
  • 「平等」とその意味)
  • 第2章 権利とその主体(労働・所有・階級
  • 「自由」
  • 「労働者」とは何者なのか
  • アソシアシオン)
  • 第3章 可能なものとその主体(労働の内と外
  • 可能なものの詩法
  • 可能なものへの道)
  • 補論 感情の共同体としての社会主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢の労働労働の夢 : フランス初期社会主義の経験
著作者等 田崎 英明
書名ヨミ ユメ ノ ロウドウ ロウドウ ノ ユメ
シリーズ名 クリティーク叢書 4
出版元 青弓社
刊行年月 1990.12
ページ数 203, 7p
大きさ 20cm
NCID BN05757793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想